TOP >[日本語記事] > インド国民に対する短期滞在数次ビザの大幅緩和について

インド国民に対する短期滞在数次ビザの大幅緩和について


本日はインド国民に対するビザについて最新情報をご紹介します。なお、「ビザ・在留資格についてすぐにでも直接・具体的に相談をしてみたい!」という方は、「ビザ専門の汐留行政書士法人」が日本語・英語・中国語無料相談を承っておりますのでお気軽にご相談ください。

1.インド国民に対する短期滞在数次ビザの発給

平成26年7月より日本政府はインド国民に対する短期滞在数次ビザの発給を開始しております。現在は滞在期間は最長15日、有効期間は1年となっております。

2.インド国民に対する短期滞在数次ビザの大幅緩和

インドネシア、フィリピン、ベトナムで数次ビザの要件緩和が行われてまいりましたが、この度日本政府は、平成28年1月11日からインド国民(一般旅券所持者)に対する短期滞在数次ビザの大幅緩和を実施することを決定しました。具体的には以下の通りです。

<外務省発表>
(1)我が国は、平成28年1月11日から、インド国民(一般旅券所持者)に対する短期滞在数次ビザの大幅緩和を実施することを決定しました。
(2)具体的には、ビザ発給要件の緩和に加え、滞在期間を最長30日、有効期間を最長5年に延長するものです。
(3)これは、人的交流の拡大が日印関係を一層裾野の広いものとするために取り組むべき重要な課題であるとの日印の共通認識のもと、昨年7月、インド国民に対する短期滞在数次ビザの発給を開始したことに続く措置です。
(4)今回の措置により、日本へのインド国民観光客の増加、ビジネス面での利便性の向上等、日印間の交流が一層発展することが期待されます。

安倍総理は今後5年間で10,000人のインド人留学生や短期招聘の実現を目指すことことについて言及しています。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly





外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧