TOP >[日本語記事] > 高度人材外国人のポイント制とその優遇措置の詳細

高度人材外国人のポイント制とその優遇措置の詳細


高度人材ポイント制とは日本では、国内の資本や労働に関わる方で、代えの効かない優秀な人材を求めています。もちろん、国内からそのような人たちが現れるのがベストではありますが、そう簡単な話ではありません。

そこで、高度人材外国人の受け入れを促進する動きが出始め、高度人材外国人として認められた方には優遇措置を取るようにしています。本日は、高度人材外国人のポイント制とその優遇措置の詳細について紹介します。

1.高度人材外国人とは

高度人材外国人は、代えの効かない能力を有していて、日本の産業へのイノベーションをもたらすとともに、日本人との切磋琢磨を通じて、専門的、記述的に労働市場の効率化や発展を促すことができるような人材を指します。

この高度人材には活動類型があり、研究活動や専門、技術活動、経営・管理活動を行う類型があります。さらにそれらが高度専門職1号、2号と分けられます。

2.高度人材ポイント制とは

それらの人材が高度人材であるかどうかは、一目では分かりません。そこで採用されているのが、高度人材ポイント制というものです。類型ごとに、学歴、職歴、年収などの項目を定めて、それらのポイントの合計値が70ポイントを超えれば、高度人材と認められます。

3.高度人材外国人の優遇措置

高度人材外国人の優遇措置高度専門職1号の場合には、以下のような優遇措置が受けられます。

(1)在留活動の複数許可

まずが、在留活動が複数許可されるようになることです。本来は、在留資格で得られる活動は1つしかありませんが、高度人材であれば1つだけに縛られることがなく、様々な活動を行うことができるようになります。

(2)在留期間の優遇と永住許可の付与

次が法律上の在留期間における最長期間の5年間が一律付与されることです。また、永住許可の要件が緩和され、その5年間の間に在留し、高度人材外国人としての活動を行っていると、永住許可を得られます。

また、申請に関しては満5年に満たずとも、4年と6カ月が経過していれば、永住申請が受理されます。

(3)配偶者の就労

次が、配偶者の就労です。本来は配偶者というだけでは就労のできる在留資格は要件を満たさなければ与えられませんが、高度人材外国人の配偶者には、教育や技術、人文知識・国際業務に関わる活動も要件に満たない場合でも行うことができるようになります。

また、一定の条件下での親の帯同や家事使用人の帯同も許容されます。

(4)入国や在留手続の優遇措置

最後に、入国や在留手続きも優先的に行われるようになります。高度専門職2号の場合は、1号での場合に得られる優遇措置がほぼすべて得られ、その上、在留期間が無期限に設定されるなど、かなりの優遇措置が取られます。

以上が、高度人材外国人に対する優遇措置となります。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly





外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧