TOP >[日本語記事] > 国籍とは?日本国籍を取得する3つの方法

国籍とは?日本国籍を取得する3つの方法

本日は、「国籍とは何か?」、「日本国籍を取得するためにはどのような方法があるか?」などについてご紹介します。

1.国籍とは何か?

人がある国の構成員であるための資格を「国籍」といいます。

国によって、どの範囲の人をその国の国民として認めるかという考え方には違いがあります。国籍に関する具体的な考え方はその国の歴史や伝統、文化や政治・経済状況などによって異なっており、それぞれの国が自らの責任で国籍について決定することができるようになっています。

国家が存立するためには領土と国民の存在が不可欠です。

国籍という概念はどの国にもありますが、国そのものが、ある個人が他の国の国籍を有するかどうかまでを決めることはできないのです。そのため、日本では国籍法(昭和25年法律第147号)によって、日本国籍の取得や喪失の原因について定めています。

2.国籍取得や喪失の手続きについて

日本国籍の取得・喪失の具体的な手続きや相談については、住所地を管轄する法務局や地方法務局や日本の大使館又は領事館で行うことができます。

住所地を管轄する法務局・地方法務局は日本に住所がある人を対象に国籍の取得や離脱の手続きや相談が行われています。

また、外国に住所がある人については、日本の大使館又は領事館で国籍の取得や離脱の手続きや相談が行われています。

帰化許可申請に関する手続きや相談は住所地を管轄する法務局や地方法務局で行われています。

3.日本国籍を取得する方法について

日本国籍を取得する方法には、出生、届出、帰化の3つがあります。

(1)出生

出生については国籍法第2条に定められており、出生の時に父または母が日本国民の時と、出生前に亡くなった父が死亡の時に日本国民であった時、そして、日本で生まれ、父母が両方とも不明であったり無国籍の時となっています。

(2)届出届出は国籍法第3条、第17条に定めがあります。

届出による国籍の取得は、一定の要件を満たす人が法務大臣に届け出て、日本国籍を取得する方法です。これには認知された子の国籍の取得や、国籍の留保をしなかった人が国籍を再取得する場合や、その他の場合の国籍の取得などがあります。

(3)帰化

3つ目の方法が帰化です。これは国籍法第4条から第9条までの条文に定められています。

帰化は、日本国籍の取得を望む外国人からの意思表示で、法務大臣の許可があった場合に日本の国籍が与えられる制度です。

国籍に関する具体的な手続の詳細については,最寄りの法務局・地方法務局に問い合わせることができますが、国籍事務を取り扱っていない法務局の出張所といった庁もあります。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧