TOP >[日本語記事] > 在留資格「永住者」とは?

在留資格「永住者」とは?

今日は、在留資格「永住者」についてご紹介します。

1.在留資格「永住者」とは?

在留資格「永住者」は、永住ビザ、永住者ビザともいいます。

(1)在留資格「永住者の配偶者等」はどういうものか?

永住許可は、在留資格を有する外国人が永住者への在留資格の変更を希望する場合に、法務大臣が与える許可です。そのため在留資格変更許可の一種といえます。

(2)在留資格「永住者の配偶者等」の在留期間は?

在留資格「永住者」は、在留活動,在留期間ともに制限がありません。

(3)在留資格「永住者の配偶者等」の申請書類とは?

在留資格「永住者」の申請のための申請書類としては、申請書、写真(1葉)、立証資料、在留カード(提示)、資格外活動許可書を提示(提示)、旅券又は在留資格証明書(提示)等となっております。

立証資料としては、

①申請人の方が「日本人の配偶者等」又は「永住者の配偶者等」の在留資格である場合
②申請人の方が「定住者」の在留資格である場合
③申請人の方が就労関係の在留資格(「人文知識・国際業務」「技術」「技能」など)及び「家族滞在」の在留資格である場合

ごとに別途定められています。

(4)在留資格「永住者の配偶者等」のその他の留意点

その他の留意点、永住許可を受けた外国人は,「永住者」の在留資格により我が国に在留することになります。

在留資格「永住者」は、在留活動、在留期間のいずれも制限されないという点で、他の在留資格と比べて大幅に在留管理が緩和されます。

このため、永住許可については、通常の在留資格の変更よりも慎重に審査する必要があることから、一般の在留資格の変更許可手続とは独立した規定が特に設けられています。

2.一般永住者と特別永住者について

日本では、長期滞在を希望する外国人に対して一般永住者と特別永住者という2種類の権利を用意しています。

この2つがどのようなものであるのかを見てみましょう。

(1)一般永住者とは?

一般永住者とは外国人国籍ではあるものの、日本に居住者として永住することが許されている人のことです。

この権利を得るためにはいくつかの条件を満たしていなければなりません。

まず素行が善良であることです。何らかの目的で日本を訪れ、そこで問題を起こした場合はこの権利の取得にマイナスに働きます。そのため一般永住者として日本に永住することを望む外国人は、日本の法や秩序を守ることに努めなければなりません。

またこれらのか外国人は自分で生活できるだけの資力、もしくは生計を立てるための術を有している必要があります。

日本に来たものの資産もなければ仕事を行うこともできないとなると、生活することは不可能です。そのため永住権を得た後も自活できることを証明しなければなりません。

これら二つの条件を満たしており、尚且つこれまでの日本滞在期間が継続して十年に達している外国人は永住許可を申請できます。

このような条件が設けられていることから、一般永住者としての許可を得られる外国人の多くは留学のために来日し、卒業後、そのまま日本で就職した人たちです。

またプロスポーツ選手として来日した人の中にも、一般永住者としての許可を申請する人がいます。しかし滞在期間が継続して十年に達しなければならないという決まりには例外もあります。

日本人と結婚した外国人の場合、日本在住期間が継続して三年以上であれば、永住許可を申請できます。

(2)特別永住者とは?

特別永住者としての資格授与は1991年から始まりました。

そのため比較的新しい決まりであるといえます。この決まりの対象となるのは1945年9月2日以前から日本に住んでいる朝鮮人と台湾人、そしてその子孫です。

これらの人たちは国籍上は外国人ですが、朝鮮と台湾が日本の統治下にあったために日本に来た人たちです。またその子孫は日本で生まれ育っているために、日本語を母語とします。

これらの人たちは日本人と同じ扱いを受けるに値するために、特別永住者としての権利が与えられ、そこに永住することが許可されています。

もし日本での会社設立や経営管理ビザ(投資経営ビザ)のことでお困りのことがございましたら“お問い合わせ”よりどうぞお気軽にご相談下さい。また、お電話の場合は03-6228-5505までお願い致します(平日9:00~21:00)。英語も中国語も対応可能なスタッフがたくさん在籍していますので、日本語が不安な方もどうぞご安心下さい。汐留パートナーズグループの日本進出に精通したコンサルタントからご連絡をさせていただきます。

follow us in feedly




外国人の日本での会社設立.com
  • 会社設立の流れ | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 会社設立Q&A | 外国人・外資系企業向け
  • ビザ申請サービス |外国人・外資系企業向け
  • 会計税務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 人事労務サービス | 外国人・外資系企業向け
  • 法務サービス |外国人・外資系企業向け
  • 運営者のご紹介 |外国人・外資系企業向け
  • 今すぐお問い合わせ |外国人・外資系企業向け

お問い合わせ

外国人の皆様が日本でビジネスをするに当たっては、まずは日本で会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、外国人の方々の日本での会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「外国人会社設立.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧