TOP >外国人のビザ・在留資格

外国人のビザ・在留資格

外国人の日本での会社設立と在留資格(ビザ)の関係は?

2017年12月14日

外国人の会社設立とは、日本に住所を有していない方が日本国内において、株式会社・合同会社等の法人を設立することをいいます。具体的には、外資系企業が発起人(株主)となって日本に会社を設立する場合や、外国人の方が取締役等に就任 […]

『外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A』(日本法令)

2017年8月19日

汐留パートナーズグループの書籍「外国人・外資系企業の日本進出支援実務Q&A」(日本法令)が発売されました。汐留パートナーズの外国人会社設立・経営管理ビザ等のナレッジ・ノウハウを総結集した書籍です。外国人や外資系企業の会社 […]

中国籍の方が短期滞在で日本へ渡航する方法

2017年8月13日

ここ数年で、日本を訪問する中国人の方は急増しています。訪れる理由の多くは「観光」や「ショッピング」が占めていますが、その他にもビジネス関係や、就労、留学など目的は様々であり人気の高さがうかがえます。とはいえ、誰でも簡単に […]

日本人の中国人配偶者の短期滞在査証(ビザ)の取得方法

2017年8月1日

ビザの申請ってとても面倒・・・!大使館のHPを見てもあまりわからないし、そもそもビザの種類が多すぎて自分がどのビザにあてはまるのかわからない!本日は、そんな方のために、中国に長期で居住している日本人の中国に国籍を持つ配偶 […]

中国人親族の来日ビザの申請方法

2017年7月19日

日本で仕事をしている中国人は、ご自身が招聘人及び身元保証人となり、親族を日本へと呼ぶことができます。そしてその場合、親族は最長3か月間、日本に滞在することができます。そのためには親族訪日ビザが必要となります。本日は親族訪 […]

日本人と中国人の婚姻手続及び中国人配偶者が訪日する査証取得手続

2017年7月16日

本日は、日本人と中国人の婚姻手続き及び中国人配偶者が訪日するための査証取得手続きについてご紹介いたします。 1.中国国内で婚姻手続きする場合の中国における婚姻手続 中国における婚姻手続については、大使館で承知している手続 […]

中国国籍者が日本入国ビザを申請する手続の概要

2017年7月13日

本日は、中国国籍者の方が日本入国ビザを申請する手続の概要についてご紹介いたします。 1.短期商用あるいは親族・知人訪問等の目的のビザの申請について 中国に在住する中華人民共和国の国籍を有する方の「短期商用」あるいは「親族 […]

中国において日本人と中国人との間に出生した子に関する手続

2017年7月11日

本日は、中国で日本人と中国人夫婦の元に子供が授かった場合、生まれてきた子供に関する手続きについてご紹介いたします。 1.戸籍への記載について (1)日本の国籍法に従って戸籍へ記載する場合 子供の出生後、在中国日本大使館( […]

日本の査証の歴史について

2017年7月9日

本日は、日本の査証の歴史についてご紹介いたします。 1.査証の目的とは 査証は、入国しようとする外国人が自国に入国するにのふさわしい人物かどうかを事前に判断するという目的をもっています。例えば、入国しようとする人物に刑事 […]

外国人研究者招へい事業の概要

2017年7月8日

本日は、外国人研究者招へい事業についてご紹介いたします。 1.外国人研究者招へい事業とは 外国人研究者招へい事業は、諸外国の若手研究員に対して、外国人特別研究員と規定し日本の大学や日本の研究機関などで、日本の指導者のもと […]




シンガポール進出支援.com
  • シンガポール進出の形態
  • シンガポール法人設立サービス
  • サービス内容
  • シンガポール人事サービス
  • オプションサービス
  • サービス内容
  • サポート事例
  • 運営者
  • 今すぐお問い合わせ

お問い合わせ

日本の皆様がシンガポールでビジネスをするに当たっては、まずはシンガポールで会社を設立することが一般的です。
私ども汐留パートナーズグループは、シンガポールでの会社設立の支援実績が豊富であり、また、それだけではなく設立後の会計税務・人事労務等の手続きについてもワンストップでご支援が可能です。
まずは電話かメールにてお気軽にお問い合わせ下さい。

お問い合わせ
お電話で03-6228-5505 メールフォームでこちらから 「シンガポール進出支援.comを見た」と 仰っていただけますと、スムーズです
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ
日本でで会社を設立したい外資系企業の皆様へ

メールでのご相談・お問い合わせはinquiry@shiodome.co.jpからも承ります(24時間365日)。英語や中国語でのメールもご対応可能ですのでどうぞお気軽にお問い合わせください。

汐留パートナーズグループ
関連サービス
その他関連サービス
記事一覧